健康長寿を目指す人必見!GI値にまつわる不安や疑問に応えお勧めのメニューなどもご紹介!

このサイトでは健康長寿を意識している方のために、日常生活の食事において注意するべき事項を中心に各種のコンテンツを御紹介しています。糖尿病は初期は無自覚無症状で経過しますが、信仰すると網膜や腎臓・大血管など全身の各所で重大な合併症を併発するようになります。その結果人工透析の生活を余儀なくされたり、失明するなどして老後のQOLを著しく低下させるわけです。血糖値コントロールのうえでにかぎになるのがGI値のコントロールです。

目次
  1. 健康長寿を目指す人必見!GI値にまつわる不安や疑問に応えお勧めのメニューなどもご紹介!
    1. 外食や加工品を主食にしている人の中にはGI値による健康被害を懸念している人も多い
    2. GI値を無視した食生活を続けて発症しやすい病気とは
    3. 生活習慣病を予防するにはGI値に配慮するほか運動も大切
    4. GI値に配慮した食事のために管理栄養士のアドバイスを受けよう
    5. GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその①もずく酢とわかめのサラダ
    6. GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその②きのことゴボウのかき揚げ
    7. GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその③おからを使ったハンバーグ
    8. GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその④酢玉ねぎ
    9. GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその⑤こんにゃく
    10. GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその⑥メロンとリンゴのフルーツポンチ
    11. GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその⑦ブロッコリーとピーマンの野菜炒め
    12. GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその⑧野菜たっぷりチーズフォンデユ
    13. GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその⑨春雨を使ったにゅう麵
    14. GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその⑩野菜たっぷり鶏のミートソース
    15. GI値の基本知識!正しい定義と食品選びへの応用
    16. GI値に注目!健康管理に役立つキノコ料理
    17. 果物を選ぶときのポイント!GI値の意味とは
    18. 和食のGI値を知って賢く食事を楽しむコツ
    19. GI値を考慮したヘルシースイーツの選び方

健康長寿を目指す人必見!GI値にまつわる不安や疑問に応えお勧めのメニューなどもご紹介!

健康長寿な老後生活を送ることを意識される方にとって、不安になるのが糖尿病にかかることです。
糖尿病と密接に関係するのがGI値と呼ばれる数値になります。
GI値とは、グライセミック・インデックスの略称のことで、食品に含まれる糖質の吸収度合いをしめすものです。
糖尿病にならない・あるいは発症しても重症化を防ぐ観点からはGI値は55以下が理想的と考えられています。
調理方法の工夫や食材選びで、GI値が低くても美味しい食生活を心掛けてください。

外食や加工品を主食にしている人の中にはGI値による健康被害を懸念している人も多い

日本は核家族化が進んでいるほか、一人暮らしの若者や独居の高齢者も非常におおく存在しています。
一人暮らしにおいて食事を作るのは非常に面倒で、ついコンビニエンスストアやスーパーの総菜、外食やファーストフードに食事を依存しがちです。
しかしこうした外食やファーストフードは加工品が多く、添加物や塩分、糖分などもたくさん含まれていて決して体に良くありません。
野菜などの食物背にをほとんど含まず、GI値が高いともいわれ生活習慣病を懸念する人も多いのです。
GI血の高い食品ばかりを主食にしていると間違いなく生活習慣病に成ります。
糖尿病や高血圧、公私闕所にメタボリックシンドロームや肥満が代表的な病気になる人が非常に多いのです。
こうした病気にならないためにはGI値に配慮し手料理し、野菜をたくさん食べるのが大事です。
ところが仕事で多忙であるとそうはいきません。
この場合には生活習慣病患者さん向けにサービスを展開しているt苦杯の弁当サービスを利用してみましょう。

GI値を無視した食生活を続けて発症しやすい病気とは

糖質制限と言う言葉をよく耳にするようになりました。
日本人は健康意識が高く、長寿を目指す人が多いともいわれます。
そこで食生活もGI値に注意し、極力糖質を含む食品を控えるようにしている人が非常に多いです。
このGI値を無視した食生活を長年することによって、もたらされやすい病気と言うものが存在します。
その病気とはずばり生活主幹病を指し、高血圧や糖尿病、高脂血症や肥満にメタボリックシンドロームが代表的な病気と言われているのです。
中でも糖尿病は重症になってしまうと日常生活で非常に不自由を強いられることに成ります。
糖質を含む一切の食べ物を口にできないばかりか、インスリン注射を打たなければならなくなるからです。
このような病気を発症しないためには、やはり抵当氏綱食品に配慮し、食べ方も野菜から食べ始めるなど工夫が必要になります。
最近はコンビニエンスストアやスーパーでもGI値の低いパスタやパンもたくさん売られているのです。

生活習慣病を予防するにはGI値に配慮するほか運動も大切

血栓が出来て血液がドロドロになる動脈硬化症や内臓脂肪が増えることによる脂肪肝や国民病とも呼ばれている高血圧症など、多くの人を悩ませる生活習慣病はいくつかありますが、合併症のリスクと隣り合わせで発症すると厄介なのが糖尿病です。
血中の血糖値を下げるホルモンのインスリンの分泌が不活発になり血糖値が上がり過ぎてしまう生活習慣病で、腎障や網膜症や神経症という恐ろしい合併症のリスクを伴います。
血糖値を下げて糖尿病の予防をするには糖質制限が効果的ですので、GI値が低い食品を選んで食べる習慣を身につけましょう。
低GI値に配慮するだけではなく、運動で血糖値の急激な上昇を抑えるというアプローチも必要です。
食後30分のタイミングで血糖値の高さがピークになるため、そのタイミングを狙って体操や筋トレやヨガやウォーキングなどの運動をするのがベストです。
野菜を先に食べるベジファーストやドカ食いを避けるための一日5食など、色々と工夫して糖質制限に努めましょう。

GI値に配慮した食事のために管理栄養士のアドバイスを受けよう

日本人がかかりやすい病気として生活習慣病をあげることが出来るでしょう。
中高年以降に成るとこの病気で苦しむ人が非常に多くなります。
これは名前の通り今までの長年の生活習慣がもたらす病気なのです。
高血圧や高脂血症、糖尿病やメタボリックシンドロームに肥満などが代表的な病気です。
凝れば主に運動不足と、偏った食生活でもたらされることが多いとされています。
その為こうした病気にならないためには、GI値に配慮した食生活にシフトすることが大事なのです。
ところが男性であったり、料理をほとんどしたことのない人にとってGI値が低いメニューがどういったものか一切わかりません。
そこで生活主幹病に特化したクリニックを受診し、そこで管理栄養士の食事指導を受ける事をお勧めします。
特に糖尿病に特化したクリニックでは管理栄養士を常駐させ、食べ方や食材選び、謡て金食事の作り方などもアドバイスし得t貰うことが出来るように成って居ます。

GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその①もずく酢とわかめのサラダ

肥満や不調を阻止するためのGI値を下げるための対策は必要、おすすめメニューはもずく酢とわかめのサラダです。カリウムやカルシウムなど豊富なミネラルを簡単にチャージできるもずく酢は、摂取しても低カロリーなので太ることを気にすることもありません。たっぷりの食物繊維を含むのも特徴であり、急上昇しがちな血糖値をいきなり上げないように抑えてくれます。海からの天然御恵みとなるわかめも同様に、食べたことでアップする血糖値を穏やかにしてくれる優れモノです。おまけに体操低カロリーなのは誰もが知るところ、ピロリ菌なども殺菌するフコイダンも含有し、血中コレステロール低下作用があるのも見逃せません。太りたくはないが健康的に食べたい人なら、GI値低下メニューは最適であり、もずく酢とわかめのサラダは簡単に作れる酢のものです。きゅうりをスライスしてもずくは水洗いしたら水気を切り、もずく酢で和えれば出来上がります。冷蔵庫での保存で冷えて美味しく、3日ほどなら保存しても大丈夫です。

GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその②きのことゴボウのかき揚げ

GI値はGlycemicIndexの略語で、食後血糖値の上昇度合いを示す指数のことを言います。1990年代に脚光を浴びたGI値は現代人が抱える肥満やメタボリックシンドロームといった体の不調の原因となりうる因子を予防し、改善する為に重要な役割を果たすとされています。血糖値を下げるには低GI食品を食生活に積極的に取り入れることや、食べる順番を工夫して体への糖の吸収を穏やかにすることや間食を上手に活用して空腹時血糖値を上げすぎないことが必要です。低GI食品の代表的な食品として挙げられるのが、きのこ類やゴボウです。きのこはGI値が40未満と低GI食品でゴボウの糖質量はやや多い分類にはなりますが、ゴボウは食物繊維が豊富で血糖値の上昇を抑えるイヌリンも含まれているので上手にメニューに取り入れたい所です。GI値を下げる為に一切の揚げ物を避けると考える人も多くいますが、ダイエットとは違うので脂質やカロリーではなく糖質の量を判断材料にすることが大切です。たまには揚げ物が食べたいと考えるなら、低糖質な食品をチョイスしてストレスのない食生活で健康への取り組みを行うことが重要です。

GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその③おからを使ったハンバーグ

GI値を下げるためにおすすめといえば、おからを使ったボリューム満点のハンバーグではないでしょうか。一般的なハンバーグは赤身肉に脂身が含まれる構成なので、たんぱく質が摂取できますが脂質も摂る形となります。またつなぎを使えば糖質も増えますから、結果としてGI値が上がることになってしまいます。一方、赤身肉を厳選して脂身を配するようにすれば、ある程度GI値を抑えることは可能です。根本的にGI値を下げたいのであれば、おからのように代替となる食材を使うことをおすすめします。おからは大豆由来の食品なので、たんぱく質が豊富ですし、逆に脂質や糖質は少なめなので理想的です。豆腐の製造工程から発生するものですから、ダイエットのお供に適しているのも頷けます。豆腐を使って作る方法もありますが、豆腐そのものよりもおからの方がヘルシーです。赤身肉に加えれば、食感を損ねる心配がありませんし、違和感なく食べられるのにヘルシーにいただけるのではないでしょうか。

GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその④酢玉ねぎ

健康にも影響をするGI値を下げるためにおすすめに、家庭でも気軽に作れるおすすめは酢玉ねぎです。ケルセチンを豊富に含んでいるのも特徴であり、降圧作用をはじめ抗炎症作用に抗酸化作用を持つと言われています。食事のポイントとしてGI値を下げるために、食品は食物繊維豊富な食材と食べるのがベストです。それが数値を低下させる秘訣であり、体内に蓄積しがちな余計な脂肪をケルセチンは分解作用をもつ酵素を活発にします。酵素が活性化させることで、健康面でも気になる数値は下がっていくというわけです。材料はいたってシンプルであり、スライス玉ねぎに米酢に蜂蜜だけですから難しくありません。瓶やジップ付きの食品ポリ袋などへスライスしたものをたっぷり入れて、そこにお酢と蜂蜜を入れます。冷蔵庫に入れて半日から1日ほど寝かせると、もう完成ですから食べ始めてOKです。カットする際は細く、繊維を断つような感じで着れば、特有の辛味もマイルドになります。

GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその⑤こんにゃく

ダイエットをしていたり、血糖値が気になる人はGI値を下げたいものですが、それにはこんにゃくの田楽が良いのではないでしょうか。こんにゃくは元々GI値が低い食品ですし、ダイエットの観点からも注目を集めています。適度な噛みごたえが感じられるので、空腹対策にも向いていますし、何よりそのままでも味つけ次第でいただけるのが魅力です。おでんや煮物のお供のイメージが強いですが、いわゆる田楽にすればしっかりとした味つけで、より満足感のある食べ方ができます。大切なのは味つけによってGI値が変わると理解すること、味噌は割りと塩分や糖質も多めなので、沢山つけ過ぎないことです。こんにゃくそのものは食物繊維が豊富ですし、多少多めに食べても糖質の摂り過ぎになることはないので安心です。たんぱく質もそれほど摂れませんが、脂質はほぼ0という驚異的な数字なので、やはりGI値が低い食材として優秀ですし、後は味つけにさえ気をつければ沢山食べられるのではないでしょうか。

GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその⑥メロンとリンゴのフルーツポンチ

GI値を下げるためには、フルーツを使用したメニューを多く食べるのが効果的な方法です。
GI値を下げたい人におすすめできるメニューとして紹介できるのは、メロンとリンゴを使ったフルーツポンチです。
このメニューが特におすすめできるのは、ブドウ糖と比較した場合、果物のGI値が非常に低いからです。
ブドウ糖のGI値を1000とした場合、メロンの値は400程度です。
リンゴはさらに低く、380程度の値です。
ブドウ糖はお米やパンなどに多く含まれているので、これらの食べ物を食べる量を減らせば、血糖値も上がりにくくなります。
お米やパンを減らした分、多めに果物を摂取することで、満腹感を得ることができます。
上記の材料を使用してフルーツポンチを作る時のポイントは、味つけにあまり砂糖をしないようにすることです。
せっかくフルーツポンとを作っても味つけに多くの砂糖が使われていると、食べた後に血糖値が上がりやすくなってしまいます。

GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその⑦ブロッコリーとピーマンの野菜炒め

GI値を食事の工夫で下げたいのであれば、ブロッコリーとピーマンを使った野菜炒めが良いのではないでしょうか。
ブロッコリーはボリュームがあって食べごたえ十分ですし、ピーマンも栄養が豊富で何よりGI値が低いです。
しかもどちらも相性が良いですから、炒めて味つけをするだけで立派なおかずになります。
ポイントとなるのはGI値の低いオイルを使うこと、味つけも薄味を心掛けてサッと行うことです。
濃い味つけに慣れている人には物足りないかもしれませんが、薄味に切り替えればいずれ慣れます。
また味つけを変えることで、同じ食材でもバリエーションが増えますから、料理が苦手でレパートリーが限られる人にとっても役立ちます。
GI値を下げるにはやはり、食生活の見直しが必要不可欠ですし、野菜の量や割合を増やすことが鍵となります。
毎日野菜炒めだと飽きてしまいますが、それはパターンが単調だからなので、肉を少量加えたり野菜の組み合わせを変えるなどすれば、基本的な食材を固定しても飽きずに楽しめるのではないでしょうか。

GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその⑧野菜たっぷりチーズフォンデユ

血糖値に関わるGI値を下げるには、野菜をたっぷり使うチーズフォンデユが良いのではないでしょうか。
チーズそのものはカロリーが高めなので、少量でも満足できる味の濃いものを選ぶのがポイントとなります。
また野菜は食物繊維が多いほど食べごたえがありボリューミーですし、お腹に溜まるので満足感が得られます。
GI値のことを考えるのであれば、食物繊維を重視しながら、様々な種類の野菜が食べられるように食材を揃えるのが正解です。
同じような食材ばかりだと飽きてしまいますし、飽きると満足度が乏しく、結果としてGI値が高めの間食が増えてしまいます。
食事で十分に満足できて、食間にお腹が空かないのが理想的ですから、たっぷりと食べることができる上にカロリーが抑えられる食事がベストとなります。
フォンデユはまさにGI値を下げるのに有効ですし、食べ方にもよりますがカロリーの摂取量をそれほど増やさずに、お腹も心も満たされる食事ができるのではないでしょうか。

GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその⑨春雨を使ったにゅう麵

麺類は好きだけれどもGI値が気になる、肥満は避けたいと考える人でも、選ぶことで問題なく決めることができます。
GI値を下げるためにも、美味しく食べるなら春雨を使ったにゅう麵です。
暖かくしたそうめんを煮込むメニューであり、水分たっぷりでお腹もポカポカするので食事にも満足をします。
通常のそうめんは冷やしてテーブルに出されますし、つゆでいただきますがそれとは異なり、熱々のだしをかけて食べるのが大きな違いです。
春雨というのが大きなポイントであり、利尿作用を持つ緑豆を原料としています。
満腹感のある材料なのに、余計な水分を体内からスムーズに排出してくれますし、夏バテや風邪対策にもばっちりです。
過剰なインスリン分泌をセーブするのもすごいところ、脂肪蓄積作用をさせる様子をすっきりさせます。
すると脂肪は体内に蓄積しにくくなりますので、肥満を気にする人にはうってつけですし、これからダイエットに励むという人にも味方になるわけです。

GI値を下げるためにおすすめしたいメニューその⑩野菜たっぷり鶏のミートソース

日本人にとって生活習慣病は重大な問題です。
誰もが糖尿病や高血圧になる可能性があり、できるだけ若い時から外食やコンビニ弁当に食事を依存せず、手作りで食事をとることをお勧めします。
手料理であればGI値の低い生活習慣病を抑制する食事メニューが実現します。
GI値を低くし、しかも食べ応えがありこってりしたものが食べたい場合には、野菜と鶏むね肉を使ったミートソースがお勧めできるのです。
鶏むね肉も野菜もGI値が低く、どれだけたくさん食べても急激な血糖値の上昇は見られません。
ゴボウやレンコンなどを用いることでさらに低等質なミートソースが完成します。
さらにパスタも低糖質のものを選択すると良いでしょう。
最近ではこんにゃくや春雨を主原料としたイタリアンパスタなども売られています。
そこにも食物繊維が豊富であり、急激な血糖上昇が見られなくなります。
副菜としてお酢をきかせた大根サラダなどを添えると余計にバランスが良くなります。

GI値の基本知識!正しい定義と食品選びへの応用

GI値とは、食べ物が血糖値をどれだけ上昇させるかを示す指標です。
この値は、食品を摂取した後の血糖値の上昇度を、グルコースに対して相対的に評価したもので、食事の血糖コントロールに役立つ情報を提供します。
定義されたGI値は、数値が低いほど血糖値の上昇が緩やかであることを意味し、高い場合には急激な上昇を表します。
この指標を活用することで、糖尿病のリスクが懸念される方やダイエット中の方が血糖値に配慮した食品選びをする際の参考となるでしょう。
GI値が低い食品には、玄米や全粒粉パン、野菜類などがあります。
これらの食品は体内でゆっくりと消化され、血糖値の安定に寄与します。
一方で、GI値が高い食品には、白米やジャガイモ、白いパンなどが挙げられ、これらは体内で素早く消化され血糖値を急激に上昇させます。
個々人の健康状態や目的に合わせて、GI値を意識した食生活の計画が重要です。
特に糖尿病をはじめとする生活習慣病の予防や管理において、GI値は非常に重要な指標となります。
血糖コントロールを徹底することで、合併症のリスクを低減したり、健康な体重を維持するための助けになります。
GI値を食品選びに活用するには、日頃からGI値の情報を収集し、献立を考える際にも意識することが大切です。
食品のGI値に注意を払いながら、バランスの良い食事を心がけることで、健康の維持に繋がるでしょう。

GI値に注目!健康管理に役立つキノコ料理

近年健康意識の高まりからGI値が注目されることが多くなりました。
GI値とは食品を摂取した際に血糖値がどれくらい上昇するかを指し、数値が低いほど血糖値の上昇が緩やかであるとされています。
特に糖尿病予防やダイエットに関心のある方にとって重要な指標となります。
キノコはGI値が非常に低い食材でありながら、栄養が豊富でさまざまな料理に活用できる優れた食品です。
たんぱく質や食物繊維が豊富で、低カロリーながら満腹感を得られるため、体重管理にも有効です。
キノコを中心にした料理は、GI値を意識しながらも日々の食事を楽しむことができます。
たとえばシンプルなキノコの味噌汁や、キノコを使った和風スパゲッティ、鶏肉とキノコの炒め物など、バリエーションに富んだレシピが存在しています。
またキノコは炒める、煮る、焼くといったさまざまな調理法に対応しており、日々の食卓を豊かにする手助けをします。
健康的な生活を送る一環として、GI値に注目し、キノコを積極的に取り入れた食生活を送ってみてはいかがでしょうか。
その際には、GI値だけでなく食品のバランスも考慮し、全体として栄養のある食事を心がけることが重要です。
キノコはその点で非常に優れた食材であり、日常的に摂取することで、より健康的な体を作るサポートとなるでしょう。

果物を選ぶときのポイント!GI値の意味とは

健康的な食生活を送る上で、GI値を理解し活用することは大変重要です。
GI値とは、食品を摂取した後の血糖値の上昇度を指標にした数値で、グリセミックインデックスとも呼ばれています。
果物を選ぶ際にも、このGI値を参考にすると、血糖値の急激な上昇を避け、健康管理に役立てることができるでしょう。
具体的には、GI値が低い果物を選ぶことによって、糖尿病などの血糖値に関わる健康リスクの低減に繋がります。
ただし、GI値が低いからといって必ずしも全ての方に適しているわけではありません。
人によっては、GI値が高めの果物を控える必要がある場合もあります。
そのため、自分の体質や健康状態を知り、適切な果物を選ぶことが望ましいです。
さらに、GI値だけでなく、果物に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養価も同時にチェックすることをお忘れなく。
結果として、GI値に注目しながらもバランスのとれた選択をすることが、より健やかな食生活へのステップとなります。
今日からでもできるGI値を意識した果物選びで、身体に優しく美味しい生活を実現しましょう。

和食のGI値を知って賢く食事を楽しむコツ

健康的な食生活を送るためには、食べ物が体内でどのようにエネルギーに変わるかを理解することが大切です。
近年注目を浴びているのが、食べ物が血糖値をどれだけ上げるかを示したGI値という指標です。
GI値が低い食品を選ぶことで、体内の血糖値の急激な上昇を防ぎ、健康的な食生活をサポートできます。
日本人に馴染み深い和食は、栄養バランスが良くGI値が低めの食品が多いことが特徴です。
例えば味噌汁や海藻類、豆腐といった伝統ある食材は、GI値が低いため血糖値をゆるやかに上げるのに役立ちます。
和食では、これらの食材を積極的に活用しながら、主菜、副菜を組み合わせた献立を心がけることで、日々の食事がより健康的になります。
GI値を意識した食事のコツは、食材の組み合わせにあります。
たとえば、GI値が高い白米よりも玄米や雑穀米を選び、白砂糖の代わりに甘味料として果物を用いるなどの工夫をすれば、同じ和食でもより血糖値に優しい食事にカスタマイズ可能です。
また、調味料を上手く使うことで、GI値を抑えつつ味わい深い和食を楽しむことができます。
醤油や味噌など伝統的な調味料は、程よい濃厚さを料理に加えながらもGI値の上昇を穏やかにする効果が期待できます。
食事で取り入れるべきGI値に着目すれば、和食の優れた点をさらに引き立てながら体調管理にも繋がります。
この知識を活かして、賢く美味しい和食を心地よく堪能しましょう。

GI値を考慮したヘルシースイーツの選び方

私たちの生活に甘味を与えてくれるスイーツ。
それらを健康的に楽しむためのカギは、GI値を理解することにあります。
GI値とは、摂取した食品が血糖値をどれだけ上昇させるかを示す指標で、低GI食品は血糖値の上昇を緩やかにするため、ダイエットや健康維持に役立ちます。
例えば、白米や一般的なスイーツはGI値が高く、血糖値を急激に上げる可能性があります。
GI値が低いスイーツを選ぶことは、血糖値の急激な上昇を避け、長時間の満足感を得ることができるという利点があります。
そこでおすすめしたいのが、果物やナッツを使用した自然派スイーツです。
これらは天然の甘みと栄養が豊富でありながら、GI値を抑えることができるため、健康に配慮している方にピッタリです。
また、穀物を使ったスイーツでは、全粒粉やオートミールを用いると、繊維質が豊富でGI値を下げる効果が期待できます。
砂糖の代わりに甘味料としてアガベシロップや竹糖を利用すると、カロリーを控えつつGI値を抑えたスイーツ作りが可能です。
自宅で手作りする場合には、レシピの糖分を減らしたり、GI値が低めの食材を選ぶように心がけましょう。
外食や市販のスイーツを楽しむ際にも、材料や栄養表示をチェックし、GI値が低いものを意識的に選ぶことが重要です。
これにより、甘いものへの罪悪感を減らし、健康と美味しさの両立を目指せるでしょう。
スイーツを選ぶ際にGI値を気にすることは、毎日の心と体のために素晴らしい習慣となるに違いありません。

GI値に関する情報サイト
GI値にまつわる諸々

このサイトでは健康長寿を意識している方のために、日常生活の食事において注意するべき事項を中心に各種のコンテンツを御紹介しています。糖尿病は初期は無自覚無症状で経過しますが、信仰すると網膜や腎臓・大血管など全身の各所で重大な合併症を併発するようになります。その結果人工透析の生活を余儀なくされたり、失明するなどして老後のQOLを著しく低下させるわけです。血糖値コントロールのうえでにかぎになるのがGI値のコントロールです。

Search

更新情報